WordPress

副業で稼ぐにはWordPress制作から始めた方が良い理由

副業とWordPressのとても相性は良いです。

このサイトもWordPressで作成していますが、
WordPressの制作スキルを身に付けると、自分のブログ運営に役立ちますし、
クラウドソーシングなどでWordPress制作案件を取ることが出来るので、
副業で月10~20万円くらいはコンスタントに稼ぐことができます。

HTML・CSS・JavaScriptのスキルはあるけど、
「WordPressはよく分からない」という方は正直、もったいないです!

WordPressの制作スキルを身に付けるだけで、対応できる案件数は何倍にも増えます。

この記事では副業でWordPress制作案件から始めた方が良い理由についてお伝えします。

WordPress制作案件はどれくらい稼げるのか?

僕の場合、副業案件の中でも、WordPress案件の割合が高いです。
副業を始めた際に、WordPressのスキルが多少あったので、そこを売りに提案しました。

開始当初から1案件あたり10万円以上の報酬になったので、
効率は非常に良かったですね。

LPサイトなどのコーディング(HTML/CSS/jQuery)よりも、WordPressのほうが単価が高くなりやすいです。

理由としては、WordPressのほうがサイトのページ数が多くなる傾向にあります。
WordPressを使ってサイトを作る場合、お知らせ、お問い合わせフォーム、ブログなどをコンテンツとして入れて欲しい、という要望が多いからです。

ページ数が上がると、作業量は増えますが、その分報酬も増えます。

注意点としては、慣れていない方が100記事以上あるようなニュースサイトの構築などにいきなり手を出さないように!
たまに相場よりかなり低い金額で、そのような地雷案件が紛れています。
最初は5ページ前後のサイト制作から始めましょう。

よくあるページ構成としては以下のようなものが多いです。

<企業サイト>
・トップページ
・会社概要
・事業紹介
・お知らせ(お知らせ一覧とお知らせ詳細)
・お問い合わせ

こんな感じの構成です。

行う作業内容としては

  • デザインデータからコーディング
  • WordPress構築
    • 固定ページ
    • 投稿機能
    • お問い合わせフォーム

が多いです。
案件によってはデザインからWordPress構築までして欲しいというのもあります。
当然、デザインから作るとなると報酬は上がります。
ただクライアントのヒアリングをしつつ、制作することになるので、最初はデザインデータ有りの案件が良いと思います。

※デザインデータはPhotoShop、illustratorで提供されることが多いです。

上記の報酬の相場としては5~10万円くらいですかね。
慣れれば、数日で終わるので、時給換算すると2000~3000円くらいにはなるんじゃないでしょうか。
副業としては及第点ですかね。

もちろん最初は、もっと時間が掛かるので割りに合わないとは思います。
ただ何件もこなしていくうちに、効率は上がるので、徐々に短時間でできるようになります。

WordPress制作スキルを身に付けるメリット

メリットとしては以下になります。

・WordPressを使ったサイト制作案件の需要が高い
・デザインテーマを使えば、デザインスキルがなくても対応できる

通常、サイト制作をするには、クライアントの要望をヒアリングし、デザインを作るところから始めます。
デザインスキルを上げようと思うと、WordPress制作スキルの数倍の学習コストが掛かります。
WordPressでは、無料・有料のデザインのテーマを自由に入れ替えができるので、デザインを作るという工程を省略することができます。

WordPress制作の学習方法

最初はWordPressを使ったサイトの作り方を学んだほうが良いので、
書籍などで一通り学ぶのがオススメです。
僕も何冊か学習しましたが以下の本が分かりやすかったです。

自分のブログを作るのもオススメです

書籍で一通り学んだら、実際にサイトを作ってみるのが一番はやいです。

オススメなので、自分でドメインを取得し、サーバーを契約します。
そこにWordPressを導入し、自分のブログサイトを作ってしまうという手です。

WordPressでブログを開設しようとすると、初期費用が割と掛かります。
書籍、独自ドメイン、サーバーに掛かる費用などですね。
ブログを始めるにあたって、初期費用を0円にできる方法があるので、下記の記事もご参考に。