【WordPress】表示中のページのphpファイルが確認できるプラグイン

WordPressのテーマをカスタマイズしたり、変更したりする時に、このページはどのphpファイルを参照しているのか、分からなくなる時ありません?
僕は仕事で既存のテーマをカスタマイズすることなどが多く、初めて導入するテーマなどで、大量のphpファイルがある時、表示中のページのphpファイルが簡単に分かればいいのに、と思っていました。
そんな悩みを解決してくれるプラグインがあったので紹介します。

『What The File』導入

ダウンロード先

※「WordPressの管理画面」→「プラグイン」→「新規追加」→「『What The File』」で検索してもヒットします。

使い方

プラグイン導入後、サイトを通常に通り表示します。
下記画像の右上の「What The File」というところ。
ここでは「single.php」が使用されているという意味になります。

WordPressにログインできていれば、ページ上部にツールバーが表示されているはずです。
※ツールバーが表示されていなければ、ログインできていないか、ツールバーが設定で非表示になっている可能性が高いです
ツールバーの表示方法は「WordPressの管理画面」→「ユーザー」→「ユーザーを選択し、編集」→「『サイトをみるときにツールバーを表示する』にチェックを入れる」 

まとめ

上記のプラグインを使用すれば、既存のテーマをカスタマイズするときに役立つはずです。
使い方は簡単などで開発中などに導入してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る