プログラミング

プログラマーを目指すなら、ブラインドタッチとショートカットを覚えよう【きほんのき】

ブラインドタッチショートカットキー操作を覚えると、作業スピードが一気に上がります。
プログラマーを目指す方は最優先で身に付けましょう。
エンジニアに限らず、パソコンを使って仕事をする上で、
この2つが出来ていないと圧倒的に効率が悪いです。
プログラミング学習前に身に付けてしまうか、プログラミング学習と同時並行で進めてください。

タイピング速度を上げるには?

プログラマーは、ドキュメントを作成したり、コーディングをすることが、業務の中心です。
タイピング速度は仕事スピードに直結するので、自信のない方は毎日練習しましょう。

以下のサイトがオススメです。
e-typing

ここで「ローマ字入力の腕試しチェック」を毎日挑戦してみましょう。

速くなるためのポイントは3つです!

・キーボードを見ないでタイピングする→最初はキーボード見ながらタイピングしてしまいがちですが、グッとこらえて、見ないようにします。
・スピードよりも正確さを重視する
・ホームポジションを固定する→キーに対応する指は決まっています。遅い人はそこが定まっていないため、ミスタイプも増えます。

ショートカットを覚える

PCと主要ツールのショートカットを覚えましょう。

頻度の高い操作で、マウスやタッチパッドを使ってしまうと、キーボードから指が離れてしまい、
スピードロスになってしまいます。

ショートカットを使えば、指がホームポジションから動かなくて済むので、必然的にスピードも上がります。

僕も新しいツールを触るときは、できるだけショートカットを使うように心掛けています。

よく使用するショートカットの例

※括弧はMacの場合です。

  • コピー・・・Ctrl(command) + C
  • 貼り付け・・・Ctrl(command) + V
  • 全選択・・・Ctrl(command) + A

よく使用するソフト

フロントエンド学習であれば、以下は必須です。

  • OS(Windows or Mac)
  • GoogleChrome
  • エディタ(VisualStudioCodeなど)

よく使う操作にはショートカットキーが割り当てられているので、少しずつ覚えていきましょう。
操作メニューを見ると、ショートカットキーを確認できるので、忘れたら確認すればオッケーです。

例えば、GoogleChromeだとメニューの右端にショートカットキーが記載されています。

Macであれば使用するソフトによってショートカットを表示してくれる『CheatSheet』という無料のアプリがあります。
こちらもオススメです。