プログラミング学習

【初心者向け】まずはタイピングとショートカットを覚えよう

タイピングとショートカットキーを覚えると、
スピードが一気に上がるので、初心者の方はぜひマスターしましょう!

私はプログラミング未経験の方に教えるということをやっています。
中にはパソコンの操作自体に慣れていない方も多いです。
開発するにも、パソコンの基本的な操作やタイピングなどが出来ていないと効率よく進みません。
そこで学習スピードを上げるために知っておいたことが良いことをまとめました。

タイピングの鍛え方

コーディングする上で、タイピング速度はコーディングスピードに直結します。

タイピングを鍛えるにはタイピング練習サイトでひたすら練習します。
以下のサイトがオススメです。
e-typing

ここでローマ字入力の腕試しチェックを毎日挑戦してみましょう。

ポイントは3つ!
・キーボードを見ないでタイピングする
→最初はキーボード見ながらタイピングしてしまいがちですが、グッとこらえて、見ないようにします。
・スピードよりも正確さを重視する
・ホームポジションを固定する
→キーに対応する指は決まっています。遅い人はそこが定まっていないため、ミスタイプも増えます。

ショートカット

使用する全てのソフトのショートカットを覚えましょう。
とにかくマウスやタッチパッドを使うと、キーボードから指が離れてしまい、
その分ロスになってしまいます。
ショートカットを使えば、指がキーボードのホームポジションから動かなくて済むので、
必然的にスピードも上がります。

よく使用するショートカット

※括弧はMacの場合です。

  • コピー・・・ctrl(command) + C
  • 貼り付け・・・ctrl(command) + V
  • 全選択・・・ctrl(command) + A

よく使用するソフト

・OSのエクスプローラー(Finder)
・Chrome
・エディタ(VisualStudioCode)

ですかね。
基本操作にはそれぞれショートカットが割り当てられているので、少しずつ覚えていきましょう。
例えば、GoogleChromeだとメニューの右端にショートカットキーが記載されています。

Macであれば使用するソフトによってショートカットを表示してくれるアプリがあります。こちらもオススメ。
CheatSheet

CheatSheetの解説記事