副業

夫婦共働きの時代にこそ副業で稼ぐ

共働き夫婦が当たり前の時代になりましたが、僕が子どもの頃、奥さんが働いている人は結構珍しかったです。
これが20数年で変わるとは。。

共働き世帯は増加している

データでも現れていますが、平成8年頃を境に、専業主婦世帯と共働き世帯の割合が逆転しています。
平成26年で共働き世帯が1,114万世帯、専業主婦世帯が687万世帯とダブルスコアに近い差となっています。


専業主婦世帯と共働き世帯の推移

なぜここまで共働き世帯が増加したかと言うと、単純に夫の収入が下がっているから、でしょう。

  • 消費税増税
  • 社会保険の負担増
  • 非正規雇用の増加

などの政策が背景にあります。

子どもがいる世帯の共働きはハードモード

共働き世帯でも、子どもの有無で大きく変わると思っています。
子どもがいない世帯であれば、夫も妻もフルタイムで働くことが選択肢としてあり得ますが、小さいお子さんがいる世帯では難しいでしょう。
仮に日中は保育園に預けたとしても、パートしながら家事・育児もこなすのは体力的にハードです。
とは言っても、夫のみの収入では暮らしていけない&ギリギリの生活になってしまうという理由から、
パートにいく奥さんも多いのではないかと思います。

夫のみの収入で妻と子どもを養っていくことは可能か

色々な条件によって変わるので一概に言えませんが、可能だとは思います。

基本パターンで言うと、

①夫が本業+副業で収入を上げる
②妻が自宅で働く

ですかね。
僕も①で取り組み中ですが、可能だとは思います。
①と②両方行えば、さらに収入アップなので行わない手はないかと思います。

では何で稼ぐかですが、オススメはWeb系の技術に関わる仕事でしょう。
具体的には

  • プログラミング
  • Webデザイン
  • Webライティング

などです。
僕も今は本業の収入に加えて、副業で稼ぐことが出来ているので、何とか生活できるレベルになっています。
本業の収入だけだと完全にアウトですね。
本当に生活ギリギリのラインになってしまいます。

まとめ

残念ながら本業の収入が上がりにくい、というのは構造は今後も変わらなそうです。
結論はシンプルになってしまいますが、本業以外にも複数の収入源を持つことに尽きます。
あるいは奥さんと話し合って、奥さんに自宅で働いてもらう選択肢もありですね。
一緒に取り組んでも良いと思いますし。