本業をしながら副業をこなすための方法

どうも、kukkaです。
本業をこなしつつ、副業でも稼ぐことにある程度成功したので、方法などを記事にしました。

現在の状況

エンジニアになったのが約4年前。
そこから自分で個人で稼ぐ方法を模索し、必要なスキルを身に付けていきました。
その成果もあって、副業で平均して月5~10万は稼げるようになりました。
収益のメインはクラウドソーシングで案件を受注と、
知り合いのコネクションを通しての制作依頼です。

副業をするきっかけ

なぜ僕が副業をするきっかけになったのかと言うと、決定的なのは妻の妊娠でした。
以前から、個人で稼ぐことには興味はあったのですが、妻の妊娠により、収入が激減したからです。
妻は元々、パート社員だったので、月10万前後の収入でしたが、それが途絶えた状態となったのです。
そこで、減った分を補うために始めたのが副業でした。

本業で消耗し過ぎないようにする 

まず副業で稼ぐには時間の確保が大事です。
私は会社勤めをしていますので、週5日は業務があります。
それ以外の時間を使って副業で稼ぐことになるのですが、
本業が忙しすぎると、時間の確保が難しいです。
本業で消耗してしまい、体力的にも精神的にもキツいです。
 じゃあ、現在あなたが残業も多く、副業をする余裕がないのでしたら、
環境を変えるしかないですね。

環境を変える方法は2つ。

・残業のない部署に異動する
・転職する

でしょう。
私も1年前は、出向先で残業が多く消耗していました。
上の2つの選択肢が思いつきましたが、
現在の会社を辞めたくはなかったので、部署を異動することを考えました。
そのためにはある程度、上司の信頼を得ることが必要だったので、
社内の問題を何でも対応できるような、何でも屋のポジションを目指していきました。
結果、社内エンジニアとして異動することが出来、自分の裁量である程度仕事ができるようになりました。

本業を極限まで効率化する

副業の時間を確保したかったので、本業は絶対に残業しないようにしたかったです。
そこで業務タスクを徹底的に見直し、作業の自動化・効率化を行いました。
行ったのは、別に自動化ツールを作るとかの話ではなく、コミュニケーションコストを減らす、ドキュメント化する、など普通のことです。

例えば、以下のようなことです。

毎回同じことを聞いてくる人がいる→スプレッドシートなどの資料に落とし込み、そこを見てもらえば済むようにする

新人には懇切丁寧に一緒に指導している→毎回付き添って指導するのは時間の無駄なので、マニュアルを作成する

まあ、当たり前のことですけどね・・・。
大手企業でも意外と効率悪く作業をしている人が多いです。

まとめ

本業をしながら副業をするには、本業では残業しないことが大事です。
そのためには本業をめちゃくちゃ効率良く仕事をする必要があります。

稼ぎ方はこちらも参考にしてみてください。
【副業】クラウドソーシングの稼ぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る