お金

会社員が副業をする際の注意点

会社員が副業をする際の注意点をまとめました。

最近は大手企業も副業を認めてきていますね。
世の中の流れが確実に「複業・副業」になっていると実感します。
今後、税負担は増えるのに、老後の年金額は減っていきますし。
今からでも副業を始めたいという方は、是非この記事を参考にしてください。

会社が副業を認めているか

これが一番大事かもしれません。
まだまだ副業を認めていない企業は多いと言います。
就業規則で副業を禁止している会社であれば、隠れてやることになり、リスクが高まります。
バレる理由としては
– 会社の経理処理バレる→住民税が他の社員より高い(安い)
– 会社の人間に「実は副業をやっている」と言ってしまい、上司にバラされる
などでしょう。
住民税の支払いを給与から天引ではなく、個別に払うことも出来ますが、そもそもそれ自体が怪しい動きになってしまいます。
余計なトラブルを避けるためにも副業禁止の会社では止めた方がいいと思います。
副業オッケーな会社に転職するか、バレても良いなら厳罰覚悟で臨みましょう。

僕の場合は、副業が許可されている会社ですので、全く気兼ねなく活動しています。

確定申告をする準備はあるか

会社員には源泉徴収というものがあり、所得税や住民税の計算は会社が代わりに行ってくれます。
副業ではそういうわけには行きません。
確定申告をする必要があるのは、副業の所得が1年間で20万円を超えた場合です。
所得なので、売上から経費を引いた金額になります。
例えば、売上が全然立たずに副業としては赤字になってしまった場合は、確定申告の義務はありません。
ただ、確定申告しておくと事業に掛かった経費なども申告できるので、結果的に節税になるケースもあります。

本気で事業をするつもりなら20万円なんてすぐに超えるので、1年目から確定申告しといて損はないかと。

確定申告と言うと、面倒な気もしますが、会計ソフトを使えば簿記や経理の知識がなくても、大丈夫です。
ちなみに僕はクラウド会計ソフトの「freee」を使っています。
クレジットカードや銀行口座の明細を取得し、自動で帳簿付けしてくれるので、自分で入力する手間はほとんどありません。
僕は昨年の確定申告の作業は1日で終わりました。

家族の同意があるか

独身ながら良いですが、家庭を持っている方は、あなたが副業をすることに対して問題ないか話し合いましょう。
副業で稼ぐには時間の投資は必要です。
休みの日に副業の仕事をしても問題ないか、メリット・デメリットを話しましょう。
家族のサポートがないと、継続して事業ができないので、きちんと話し合いましょう。

僕も妻と1歳の子どもがいますが、副業をする上でのメリットとデメリットは妻にきちんと説明しました。
副業が忙しいときは、僕が担当している家事や育児も代わってくれるので、助かっています。