ライフハック

禁酒したら世界が変わった件【生産性爆上げ中】

お酒を飲むメリットって何でしょうか?

「ストレス発散になる」

「お酒自体が美味しい」

「リラックスできる」

僕は元々タバコが大嫌いで、
煙を吸うと頭痛がするので、
公共の場は全て禁煙にして欲しいと思っています。

ギャンブルもしないし、
タバコも吸わないですが、
ただ、お酒に関しては10年以上はまり続けていました。

今はお酒のデメリットのほうが上回っていると感じ、完全禁酒生活に入りました。

禁酒によって生産性がめちゃくちゃ上がったので
取り組み方法禁酒のメリットについてお伝えします。

禁酒を決意した経緯はこちらの記事➾最高のパフォーマンスを発揮するために禁酒を決意した。

【結論】酒のメリットは思い込みだった

まず禁酒するにあたって、お酒と自分の関係について考察しました。

仮に自分からお酒をなくした場合、どうなるのか考えたとき、

「飲めないなら、飲み会行っても楽しくないじゃん!」

と思いました。

つまり僕はお酒にメリットがあると感じ、止めることがデメリットになるという思考でした。

ところが『読むだけで絶対やめられる禁酒セラピー』という書籍を読んでから、考えが一変しました。

書籍によるとお酒にはメリットが1つもなく、禁酒したところで全く損することがない。

また我慢しても長続きしないし、精神論で我慢する必要がない、と書いてあったのです。

まず根本的にお酒に対しての認識を変えた後に、具体的に止める方法について書かれています。

酒のデメリットなんて言われなくても分かりきっているんですが、
なぜかメリットがあると考えてしまうですね。
今となっては不思議です。
ある意味洗脳状態なのかもしれません。

お酒がないと楽しくないという洗脳を解いた

『禁酒セラピー』を読んだ後に、数人の飲み会があったのですが、そこでは全てソフトドリンクで済ませました。
以前の自分からは考えられなかったですし、そんなことをしようと思ったこともなかったです。

飲み会をお酒を飲まず終えた後に感じたことは以下でした。

・飲まなくても全然平気
・元々飲み会とか好きじゃなくて、楽しくないから酒で紛らわせていた
・一人で酒を飲むのは好きだけど、飲み会で酒を飲んでしまうので、結局は全面的に禁酒した方が精神上良い
・飲み会って面白くないし1時間で飽きる。これからは極力断る

飲み会でお酒を飲まない経験は非常に重要でした。

飲み会って結局、集まってるメンバーで楽しさが変わるもので、そもそも酒の有無は関係ないですね。

また会社関係の飲み会は総じてつまらないですし、無駄なので、今後は参加しない方向で動いていきます。

飲み会でお酒を飲まないという経験で感じたこと

20歳頃からお酒を飲んで、時には記憶をなくすこともありました。

子どもが産まれてからは、家ではほぼ飲まなくなりましたが、
たまに外で飲むと、酒量をコントロールできなくなっていました。

お酒を飲む意味というのは

「ストレス発散」
「楽しい気分になれる」

というメリットがあるからと思っていましたが、それは思い込みでした。

お酒がなくてもストレス発散できるし、楽しい気分になれますよね。

また、もうお酒と関わらなくて済むと思えたら、すごく楽になりました。

(逆に言うと、今までどんだけ依存してたんだと笑 日常で飲んでなくても、酒量がコントロールできないと、アルコール依存症または予備軍らしいです)

当然、今後も禁酒は続けます。

お酒を止めたことによるメリット

・頭が冴える
・二日酔いがない
・飲み会の後でも仕事ができる
・正常な判断が出来る(=二次会の参加を断れる)
・無駄な出費を抑えられる
・タバコの煙を吸わなくて済む
・帰りが遅くならないので妻との関係も良好になる

メリットだらけじゃん。。
特に最後が重要です。

まとめ

お酒を飲むと酒量がコントロールできない人は、是非、以下に紹介する書籍を読んでください。

同じ著者が書いた『禁煙セラピー』も興味があったので購入しました。
その後、タバコを止めたいと言っていた知人にプレゼントしました。
知人の経過を見守ります。