ライフハック

社会人がプログラミングを効率よく学習する8の方法

働きながらプログラミングの学習をすることは難易度が高いです。
例えば、片道1時間半の通勤時間なら8時間の労働と合わせて11時間になります。
帰宅しても疲れてしまい、結局何も出来ないまま終わってしまったり…。

僕がプログラマーを目指してから半年でなることができました。
その時に実践していた12の方法をお伝えします。
もし自分に合うものがあれば取り入れてもらい、学習の継続率・効率を高めていってください。

通勤時間を活用する

通勤時間は勉強の場にします。集中できる場ではないので、ライトな勉強にしましょう。
例えば、「プログラミング学習の電子書籍をスマホで読む」「プログラミング学習アプリをスマホで解く」「参考記事を読む」などです。

おすすめのプログラミング学習の書籍は以下の記事も参考にしてみてください。

プログラミング学習アプリはProgateで出しています。
参考記事に関しては、Qiitaのランキングを眺めて興味のある記事をストックしておきましょう。

毎日学習する

学習は毎日したほうが良いです。1日でも休むと、次の日に開始する時のハードルが上がります。最初は小さな目標で良いので、毎日こなすのが大事です。

5秒以内に行動する

人間の脳は面倒くさがりなので、あなたが何かをしようとするとセーブします。
余計なエネルギーを使わせないようにする生存本能ですね。
これは脳の習慣なので、華麗にスルーしましょう。

「5秒ルール」を提唱したアメリカのメロ・ロビンズも言っています。
5秒ルールとは、人間は行動しようとする時に、5秒以内に行動すると楽に動けるというものです。時間が経てば経つほど、ブレーキを掛けてしまうんですね。

僕も以前から同じことを思っており、この人の動画を見て「同じこと言ってる!」と思いました笑
この脳の癖を知っておくと、やる気が出なくていちいち自己嫌悪になる必要はありません。やる気が出ないのは精神力が足りないのではなく、すぐに行動しないからです。

5秒ルールの動画を載せておきますね。

起きたら一番始めに学習する

人間の脳は起きてから数時間が一番スペックが高いです。
なので、一番大事なタスクを最初に持ってきましょう。
プログラマーやエンジニアを目指しているあなたが、一番優先すべきことは何でしょうか?
少なくとも今働いている会社の業務ではないはず。
であればせっかく一番良いコンディションである最高の時間を会社に捧げる必要はありません笑
出勤前に朝勉強して脳をたくさん消耗させましょう。
出勤時には1日の大事なタスクが終わっているので、後は気楽に過ごせます。

外で勉強する

自宅は誘惑に負けやすいです。スマホ、テレビ、ゲーム、お菓子、ベッド、漫画、映画。。ありとあらゆるものが集中を阻害します。
自宅はいっそ休む場所にして、学習は全て外でするのはどうでしょうか?
僕は今でも朝喫茶店で作業・学習してから出勤しています。
満員電車に揺られて消耗する前に、自宅の最寄り駅の喫茶店などで作業したほうが圧倒的に効率的です。

お金を投資する

プログラミングの学習は独学ならそんなにお金はかかりません。
Progateやドットインストールの有料会員でも月1000円くらいですし。書籍も1冊2000円くらいです。
でもそれすらケチってしまう人は、正直言って効率悪すぎますね。
お金を遣えば効率を高められるので、費用対効果で考えましょう。
例えば、毎日喫茶店に行ってもコーヒー1杯400円×30日=12000円ですよね。
1回で3時間学習したとして、1ヶ月90時間勉強したら相当スキル上がりますよ。
多分、社会人で月に10時間も勉強している人いないですから、1年で圧倒的な差になります。喫茶店代なんてすぐに元取れますよ。

タスク管理する

目標やタスクを一括管理するのがオススメです。
理想は本業と学習なども全てまとめてしまうこと。
Trelloなどのタスク管理のアプリを使えば、色々カスタマイズ出来るので、自分に合った方法を探してみましょう。

意識高い人のTwitterをフォローする

孤独に学習する場合、身近に同じような人がいれば失速しにくいです。
ただ周りに誰もいなければ、めちゃくちゃ努力して成果出している人のTwitterをフォローしましょう。
マナブさんは努力量半端じゃないので、フォローすると刺激になります。