プログラミング

【電子書籍対応】フロントエンド学習におすすめの入門書

僕がフロントエンドを学ぶ上で役に立った書籍を紹介します。

フロントエンドの勉強のために書籍を色々買いましたが、その中でも初心者にオススメできる書籍を厳選しました。
さらに電子書籍化されているもの限定にしましたので、スマホやタブレットでも読むことが可能です。

『スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版』

HTMLとCSSの基礎の基礎を解説してくれます。
書籍の内容は、簡単なサイトを作りながら学ぶという構成で、最後までやり通すと達成感があります。
この本の良いところは、著者の解説が丁寧なので、独学でも挫折しにくいところ。

独学のデメリットは、分からないところが多すぎて嫌になり投げ出す、ことだと思いますので、その確率を下げてくれます。
僕もエンジニアを目指していた頃、この本を最初に買って1周しました。

最近になってレスポンシブ対応(PC、スマホなどのデバイス毎に表示を変える手法)の解説も加筆されたようで、HTML/CSSの基本は身に付けられます。

よく「学習方法は書籍と学習サイトのどちらがいいの?」と質問されますが、どちらでもやりやすい方で良いと思います。
(僕はどちらもやっていましたが)

もちろんこの本に書いてあることだけで不足ですが、学習後は、自走状態(自分で調べながら問題解決できる)になっていると思います。
さらに実践を重ねていけば、コーディングの仕事を請けられるレベルになっていけます。

『プロとして恥ずかしくない 新・CSSデザインの大原則』

CSSの基礎編と実践編に分かれており、業務に必要なレベルまでカバーされています。
この本を理解できていれば、実際のサイトを見ても「あ、この部分は本に出ていたな」と気づくことが増えるはずです。
サンプルデータが秀逸で、1つ1つ完成度の高いサンプルを確認することができます。
サンプルデータはネットからダウンロードできるので、実際にコードを見ながら理解できます。

自分でもコードを写経し、ブラウザで動きを確認してみると理解が深まりますね。
自分なりにアレンジしていくのも良いと思います。

『確かな力が身につくJavaScript「超」入門』

『スラスラわかるHTML&CSSのきほん』と同じ著者が出しているJavaScriptの学習本です。
こちらも解説が分かりやすく、JavaScriptの基礎を学ぶことができます。

JavaScriptを本格的に学ぼうと思ったら、相当な学習コストが掛かるのですが、
最初は基礎的な部分を理解できていれば良いかと。

注意点として、本書の後半Chapter6以降(jQueryの辺り)は、内容を詰め込み過ぎている感があります。
Chapter1〜5は重要なので繰り替し学び、
Chapter6~7はさらっと流す程度で良いです。
実際に僕もそんな感じで学習しました。

JavaScriptは奥が深いので、最初は変数、if文、for文、配列、オブジェクト辺りが分かっていれば大丈夫です。
この辺りはJavaScriptに限らず、プログラミングの基本なので、他言語を学ぶ時のベースになります。