クラウドソーシング

会社員がクラウドソーシングで稼いだ場合、確定申告は必要?【分かりやすく解説】

会社員で副業をしたら、確定申告をする義務はあるのでしょうか?
どういう人が確定申告をする必要があるのか解説します。

副業で確定申告の義務があるのは、所得が20万円以上!

収入と所得の違いについて

確定申告の義務は「所得が20万円以上」ということですが、
前提として「収入」と「所得」の違いは分かりますか?

まず収入とは事業で得た売上のことです。
会社員であれば、毎月の給与のことですね。
クラウドソーシングであれば、サイト制作10万円の案件を納品したら、そのまま収入が10万となります。

そして収入から必要経費を差し引いたのが所得になります。
所得税の計算は所得から算出するので、会社員なら年末調整の書類を提出すれば、後は会社が手続きをしてくれます。
個人事業主であれば、必ず確定申告を行います。

会社員であっても会社の給与以外で所得が20万円を超えていれば、
確定申告の義務が発生します。

例を挙げてみます。

年間の売上がそれぞれ例①と②で異なる場合のケースを見てみましょう。

例①サイト制作案件からトータル60万円の収入

クラウドソーシングで年間60万円の収入を得たとます。
さらに副業の経費で10万円掛かったとします。
経費は作業代(家賃・喫茶店など)、インターネット代、書籍代などを合計して出します。

収入 – 経費 = 所得ですから、この例だと

(収入)60万円 – (経費)10万円 = (所得)50万

になります。

所得が20万円を超えているので、この場合だと確定申告の義務が発生します。

経費の計算は複雑そうですが、最近は会計ソフトがあるので、全てを自分で行う必要はありません。
僕はfreeeというソフトを使用しています。

例②サイト制作案件からトータル20万円の収入

同じように副業で10万円の収入で経費が10万円とします。

(収入)20万円 – (経費)10万円 = (所得)10万円

この場合は、経費を差し引くと所得が10万円で、20万円を超えていないので、申告は義務はありません。

所得が20万円超えていなくても、節税と税務の勉強になるので、確定申告はオススメ

所得が20万円以下であれば申告は不要ですが、できれば確定申告をすることをオススメします。

理由としては、副業で掛かった費用を経費として計上できるので、節税になります。
(支払う所得税と住民税が下がる可能性がある)
もう1つは税金の知識の理解が深まることです。
年末調整だけだと自分がどれくらい税金を払っているのか把握しにくいです。
確定申告に必要な書類を作成することで、お金の流れを把握できるというメリットもあります。
将来的に、フリーランスになったときにも役立つと思います。

まとめ

副業では所得が20万円を超えていたら申告をする必要があるということでした。
確定申告と言えば、手続きが大変そうですが、一度やってしまえば、それほど難しいものじゃないです。
ググると大体のことは出てきますし。

僕が使用しているfreeeは、銀行口座やクレジットカードとも連携できるので、全てfreee上で完結できます。

また料金プランはいくつかありますが、年払い9800円の「スタータープラン」で最初は充分ですね。
僕もこのプランを使っています。
また、この経理ソフト代も経費として計上できます。

実際に使用してみた感じとしては、freeeはかなり使いやすく、
昨年度の確定申告のために作業した時間は半日~1日でした。
今年(2019年1月~2019年12月)の所得が20万円を超えている方は、来年の2月~3月の期間に確定申告を行う必要があります。
対象の方は今のうちから準備しておきましょう。