【感想】『「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! 』の感想

苫米地英人さんのおすすめ書籍です。
頭にこびり付くゴミをキレイに掃除をすれば、パフォーマンスが劇的に上がる。
ゴールを達成するために日々を楽しく生きる。

感情に振り回される人はサル・ゴリラレベルとバッサリ

著者の苫米地氏は、本書でこう言っています。
「感情的な人の脳はサル・ゴリラレベル」であると。
脳の扁桃体というところが感情を司るところらしいが、そこだけに支配されているのはヒトではなくサル・ゴリラであるとバッサリ切っています。

かく言う私も、せっかちな性格で、ちょっと違うことがあるとイライラしていまうことがあります。
感情を表に出すことは少ないですが、不満や怒りをコントロールすることは苦手です。

ゴールが大事

感情に振り回されるのは、明確なゴールがないという。
さらにゴールというのは、自分中心なゴールではなく、他人も幸せにするようなゴールである必要があるらしい。
身近な人、社会をよりよくするためのゴールは、自分だけが幸せになるゴールよりも抽象度が高い。

例えば、「アプリを作って儲けたい」というゴールよりも、「このアプリを使って便利なライフスタイルをもたらしたい」とゴール設定をするほう
抽象度が高いということかな。

自分中心は辛い

自分中心=抽象度が低いということなので、感情に振り回されやすくなる。
これは納得。
自己中心な人は、余裕がなく、ミスも他人のせいにしてくる。
いや自分もその傾向はあるだろう。

こんな人におすすめ

・感情に振り回されるのは疲れた
・何をしたら良いか分からない

苫米地氏の書籍はたくさん出ていますが、その中でもおすすめです。