副業

プログラミングを学んだ後にクラウドソーシングを使うメリット

プログラミングを学んだら、クラウドソーシングで案件を探して、どんどん納品しましょう。
実践が上達の一番の近道です。

スキルアップになる

案件をこなすほど、自分のスキルは上がっていきます。
また制作会社の制作フローなど、独学では得られない実践的なスキルが身に付きます。

自分のスキルがお金を稼ぐという体験が出来る

会社員なら毎月同じ額の給料が支払われますが、クラウドソーシングの場合は、やった分だけお金を得られます。
これは雇われているだけだと、経験できない感覚です。
今後、社会は個人で稼ぐ時代に変わっていくと言われています。
お金を稼ぐ意味について本当に体感できる良いチャンスです。

こなした案件が実績となる

エンジニアとして転職する際、今までの実績・経験が大事になります。
面接官も過去の経歴を中心に聞いてきます。
クラウドソーシングには様々な案件があるので、そこでの実績も経歴書に入れると、印象は良くなります。

タスクの管理能力が身に付く

案件によっては納期が厳しいものもあるので、
作業量の見積り、スケジュール管理など、仕事に必要なマネージメント力が自然と身に付きます。

注意点

納期がきつい案件は請けない

初心者がこれを請けると、100%事故ります。
まずは簡単な案件をこなして実績を付けましょう。
簡単な案件は単価が低い傾向にありますが、多少、安くても勉強と割り切りましょう。
納期が短い、ボリュームが多い、要求スキルが高い案件は避けましょう。

まずは行動しましょう

行動してみないと始まらないので、まずはクラウドソーシングのサイトに登録し、案件を眺めみましょう。
中でも「ランサーズ」や「クラウドワークス」は大手なので、安心して利用できます。