エンタメ

【感動作品を中心に】Amazonプライム・ビデオでオススメの邦画12選

映画好きには溜まらないサービス、Amazonプライム・ビデオですが、洋画・邦画のラインナップが続々と配信されます。
今回は邦画限定で、家族に焦点を当てた作品を中心に紹介していきます。

スマホで視聴する場合は、専用アプリを使おう

最近は、映画館に足を運んで映画を見るということも少なくなってきましたね。
Amazonプライム・ビデオなら、タブレットやスマホでも視聴できるので、場所を選ばず映画が楽しめます。

タブレットやスマホの専用アプリでは、映画を端末にダウンロードできる機能があります。

家のWifi環境で、映画をダウンロードしておき、外出先で視聴すれば、携帯の通信量が発生しません。
映画1本で数GBのデータ量があるので、携帯のデータ通信で視聴すると、すぐにデータ使用量の上限に引っ掛かってしまいます。
そんな時は、映画をダウンロードしておけば、外出先でも通信量が発生しないので、安心ですね。

また30日間無料で映画・ドラマなどが見放題なので、まずはお試しでいかがでしょうか?

 

それでは、Amazonプライム・ビデオでおすすめの邦画を紹介していきます。

1.『東京家族』

小津安二郎の名作『東京物語』のオマージュ。


©「東京家族」製作委員会

山田洋次監督が小津安二郎の名作『東京物語』をオマージュした作品です。
広島県の田舎から東京へ出掛けてきた両親を、子ども達が出迎えるところから始まります。
時間は変わっても、家族という有り方、難しさは変わらないということが分かります。
東京物語を見た方には、共通点があり、さらに楽しめるでしょう。

橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、蒼井優、妻夫木聡と言った各世代を代表する俳優が出演されています。

ちなみに上記の俳優さん達はこの後に記載する、家族はつらいよシリーズにも、出演されています。

2.『家族はつらいよ』

熟年離婚の危機を迎える3世帯同居家族の話

東京家族と同じキャストで送る、家族はつらいよシリーズの1作目。
この映画の魅力は何と言っても、身内のゴタゴタ感がコミカルなところ。
ところがストーリーが進むにつれて、他人事ではなくなっていき、最後は真剣に見入ってしまう、という
スピード感のある、脚本を魅力です。


©2016「家族はつらいよ」製作委員会

3.『家族はつらいよ2』

高齢者の危険運転、孤独死などの社会問題を描く

今も社会問題となっている、高齢者の危険運転問題に焦点を当てています。
前回同様、コメディタッチで進むけども、真剣に考えさせられる場面もあります。


©2017「家族はつらいよ2」製作委員会

4.『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』

奥さんに何気なく放った言葉で、家庭崩壊の危機に!?


© 2018「妻よ薔薇のように家族はつらいよⅢ」製作委員会

家族はつらいよシリーズの3作目です。キャストは相変わらず同じ。
今回の主役は夫の実家に嫁いだお嫁さん(夏川結衣)が主役の話です。
夫にひどい言葉を言われ、家を飛び出し、平田家でまたもや家族会議が開かれます。

今回は、何かと槍玉に挙げられていた、平田周造(橋爪功)は、フォロー役に回っています。

夏川結衣さんの単独インタビュー動画になります。

5.『麦子さんと』

堀北真希の演技が光る作品


©2013「麦子さんと」製作委員会

物語の早い段階で、母が亡くなるという、いきなりの展開です。
ほぼ母のことを知らずに、兄(松田龍平)と過ごしてきた麦子(堀北真希)ですが、
母の納骨のため、ふるさとを訪れます。
そこで母の過去を知り、初めて母という存在を意識することになったのでした。

初めて母として接することができるようになったのに、既に母はこの世にいない。
言葉にできない切なさがエンドロールで、こみあげてくるでしょう。

6.『歩いても歩いても』

樹木希林の演技に圧倒される


©2008「歩いても 歩いても」製作委員会

7.『海よりもまだ深く』

離婚後のリアルな生活を描く


©2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

8.『そして父になる』

子どもの取り違えから始まる、父になるということとは?


©2013「そして父になる」製作委員会

9.『万引き家族』

年金不正受給問題から構想10年かけて作った作品


©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

是枝監督はこの作品で第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを受賞しています。

10.『ALWAYS 三丁目の夕日』

昔の東京がノスタルジックに描かれる


©2005「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会

11.『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

シリーズ全てが感動できる


©「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会

12.『ALWAYS三丁目の夕日’64』

堀北真希の成長を見届けるシリーズ


©2012「ALWAYS 三丁目の夕日’64」製作委員会