プログラミング

30歳でもプログラミングを学んで、プログラマー、エンジニアになる方法

ここ数年、異業種からプログラマー、エンジニアを目指す人が多いですよね。
僕も5年以上前ですが、20代後半の時に、営業職からエンジニアに転職しました。
30歳前後の方が、エンジニアにジョブチェンジするにはどうしたら良いか記事にまとめました。

未経験からエンジニアになったという実体験からという経験を基にお伝えします。

30歳からエンジニアになるのは、簡単ではないが可能

あなたが30歳前後の年齢であれば、
プログラミングを学ぶのは遅いというわけではないですが、
未経験から現場に入るのはハードルが上がります。

年齢制限を設けている企業もあるので、
エンジニアを目指すのであれば早いほうがいいです。

未経験からプログラマー、エンジニアになるには主に2つのルートがある

ルート①新卒で開発会社に就職する

大学新卒で、開発会社に就職し、そのままエンジニアになるパターンです。
多くの会社は新入社員向けの研修を実施しており、プログラミングの基礎を学ぶことができます。

今はエンジニアの人気も高まっているので、大手に入るのは大変でしょうね。
学生のうちにプログラミングでポートフォリオを作ったりすることが必要です。

ルート②エンジニア未経験の中途採用を行っている会社に就職する

業界全体で人手不足なので、
新卒でなくてもポテンシャルがあれば、採用してくれる企業は多いです。
もちろん最低限のスキルと、ポートフォリオは必須です。

僕はルート②で、エンジニアになりました。
この記事の想定読者も同じなので、ルート②について具体的に解説します。

働きながらプログラミングを学習する方法

エンジニア業界に転職するには、最低限のスキルポートフォリオが必要です。

またポートフォリオすら求められない会社もありますが、SES会社の可能性が高いです。
未経験者を採用し、客先に常駐させるビジネスです。

個人的にはSESでも経験は積めるので、有りと言えば有りなんですが、
自社開発をしている会社のほうが、エンジニアにとっては働きやすいと思います。
まず、自社開発であれば、人間関係や技術は同じ場所にいれば、蓄積されます。
ところがSESであれば、案件ごとに現場が変わるので、1つの現場で経験を積んでも、次の現場では新たな人間関係とスキルが求められます。
ベテランのフリーランスであれば問題ないでしょうが、ほぼ実務経験なしの人が現場を渡り歩くのは相当難易度高いです。
SESの場合は、スキルが低い初期の時ほど、自分で案件を選べないし、会社も稼働を浮かせたくないので、
炎上案件にぶち込まれる可能性もあります

結論としては、自社開発を行っている会社に就職するルートが良いのかなと思います。

学習に必要な時間

Webエンジニアに必要なスキルを身に付けるには、おおよそ600時間が必要と言われています。
ここでの必要なスキルは、エンジニアとしてスタートラインに立つという意味です。

独学する

最初はプログラミングがどういうものか分からないと思いますので、独学で学習することをオススメします。
ドットインストールやProgateなどを始めてみて、自分にも出来そうなら続けてみても良いと思います。

スクールに通う

僕も最初はほぼ独学でしたが、自分で体系立てて学習することに限界を感じ、
3ヶ月スクールに通っていたことがあります。
時間とお金は必要ですが、ぶっちゃけリターンは大きかったです。

スクールを卒業後、エンジニアとして現場に入ることが出来ました。

オススメプログラミングスクール

テックアカデミー