副業

手取り30万でも家族を養うのは厳しい現実【転職 or 副業】

奥さんが妊娠した瞬間から、旦那さんの役割がめちゃくちゃ大事になります。
家族を養っていくことが、最重要タスクになります。
もちろん事前に貯蓄をして備えることが大事です。

今回は手取りが30万円あっても、妊娠〜育児期間を乗り切るのは大変だという話を記事にしました。
同じ境遇で、子どもがいる or これから産まれるという、20代〜30代男性の旦那さんの参考になればと思います。

奥さんが妊娠すると、手取り30万でも生活が厳しくなる理由

手取り30万あれば独身なら余裕で生活できます。
また結婚しても奥さんが働きに出ているうちも全然余裕です。
むしろ効率が良い稼ぎ方ともいえるので、暮らしは楽になるくらい。
ところが奥さんが妊娠し、収入が旦那さんの給料のみになると、途端に難易度が上がります。

厳しくなる理由としては以下になります。

・収入源が減る
・出産・育児に掛かる費用がキツい
・精神的余裕がなくなる

キツい理由① 収入源が減るのがキツい

出産を機に奥さんが仕事を辞めたとします。
収入源が1つ減るわけなので、単純に半分近く収入が減ることになります。
奥さんがパートタイムでも、5万〜10万円の収入減ですので、
家計全体から見れば、大ダメージですよね。

そこを想定して計画的に貯金をしている方は賢いと思いますが、
妊娠のタイミングも読めなかったりで、
突発的に状況が変わることもあります。
(恥ずかしながら、うちも貯金は全然してませんでした)

妊娠・出産で、
少なくとも2~3年の期間は
旦那さんの稼ぎで生計を立てていくことになります。
正に旦那さんの家計を管理する能力が問われます。

キツい理由② 出産・育児に掛かる費用がキツい

出産に直接掛かる費用はそれほど多くないです。
出産育児一時金という制度もあり、42万円が支給されるので、
通常は病院に支払うお金はほとんど発生しません。

ただそれ以外の子どもと暮らすための住環境の整備で予想以上にお金が掛かります。

具体的には以下ですね。

・里帰り中の費用・交通費・生活費
・広い家に引っ越した場合、物件の初期費用、引っ越し代など
・赤ちゃん用品➾ベビーカー、ベビーベッドなど
・光熱費の支払いアップ➾部屋の中を適温に保つためエアコンの利用が増える etc…

収入源が減って苦しい中、支出が増えるので、当然キツくなります。
ぶっちゃけ都内で手取り20万クラスだと、相当キツいと思います。

キツい理由③精神的余裕がなくなるのがキツい

育児中は旦那さんも奥さんも精神的に余裕がなくなります。
奥さんには家計のことは任せっきりするのではなく、奥さんが妊娠したタイミングで、
旦那さんが家計の舵取りをできるようになっておきましょう。

特に奥さんに家計を任せっきりにしている旦那さんは、
その辺の感覚が鍛えられていないので、
今からでも奥さんと一緒に家計のことを把握したほうが良いですね。

また奥さんの収入がなくても3年間は暮らしている金額を貯金しておくのが理想です。
僕はそれをしなかったので、副業をせざるを得なくなりました。

対策

では僕のように貯蓄も満足にできないまま、
子どもが出来てしまった場合、2人が取れる行動は何があるでしょうか?

対策①節約する

一番手っ取り早いのが節約ですね。
節約のポイントは固定費を削るのが一番です。
食費や光熱費を抑えるような節約テクニックは疲れるので僕はやっていません。

固定費で大きいので『家賃』と『通信費』です。
どちらも考え方次第で削れるので、今すぐにも着手して良いと思います。

家賃を抑える

家賃を抑えるには、とにかく条件を絞って、妥協できるところは妥協するしかないです。
2人で家賃の上限を決めて、譲れない条件を決めていきます。

例えば、
・駅からの距離
・築年数
・間取り
・会社からの通勤時間
などですね。

3人家族(旦那さん、奥さん、子ども)だと2LDKあれば充分です。
1LDKだと、子どもが寝ている間は何もできなくなるので、非常にストレスが溜まるので、オススメしません。
そして僕のように妥協点を話し合った結果、旦那さんの通勤時間が長くなるという結果になります笑

通信費を見直す

大手キャリアから格安SIMに変えるだけで、年間数万円の節約になります。
これもコスパの良い方法なのでオススメです。

対策②会社で出世する

仕事を頑張って社内の評価を上げ出世し、給料を上げていく方法です。
王道な感じがしますがオススメしません。
理由は昇給が不確定要素が多いのと、コントロールしにくいからです。
すぐに出世するかも分からないですし、
管理職に抜擢されたはいいけど、給料は据え置きなんてことも有り得ます。

10年スパンで考えれば、ありかもしれないですが、そんな余裕はないはずです。

対策③転職をする

今の会社が安すぎる賃金だったり、残業が多すぎるなど、ブラック企業だと判断できる要素があれば即効で辞めましょう。
長時間労働で体を壊したら、元も子もないです。

それこそ家族が路頭に迷ってしまうので、サクッと転職したほうが良いと思います。
会社よりも家族のほうが大事に決まっているので、正直他人はどうでもいいです

自分を守ることが家族を守ることにも繋がります。
僕の場合は運良く、柔軟に働ける会社に入社できたので、すぐに転職する考えにはならなかったです。

ただ今後の給料次第では、フリーランスか転職の方向性もありかなと思っています。

ブラック企業に勤めている方は、退職代行サービスなどを使ってでも辞めましょう。

以下の記事も参考にしてください。

対策④副業(在宅 or アルバイト)をする

実際に僕が取った方法です。

元々プログラミングの技術はあったので、すぐに実行しました。
クラウドソーシングなどでサイト制作案件などを個人で受注して、月数万〜10万以上の収入になりました。

あなたがお金になるスキルを持っていれば、すぐに始められると思います。
技術が何もない方でも、プログラミングを1年くらい勉強すれば月10万円は稼げますので、オススメです。

勉強している余裕もない方は、仕事が休みの日にアルバイトをするしかないですね。
僕もプログラミングスキルがなかったら、コンビニアルバイトをしていたと思います。

ただアルバイトよりもプログラミングで稼いだ方が、
実績を作って市場価値を上げることもできますし、
在宅ワークで育児をしながらでもできるので、
圧倒的にコスパが良いと思います。

まとめ

振り返ると、よく副業で頑張って稼いできたな、という感じです。
プログラミングスキルがなかったら、本当にやばい状況だったので、
技術を身に付けて、さらに行動して良かったなと思います。